妻との会話時間はこうやって作る!

妻との会話時間はこうやって作る!

仕事と家族の両方で成果を出す「ハイブリッド・ワーク」の考え方をお伝えします。

紀村昌彦です。

皆さんは奥さんと話す時間を持っていますか?

ここでいう「話す」とは、仕事から帰ったあとに奥さんから一方的に聞くだけの時間ではなく、今後の家族、子供たちのことなど、お互いが話し合うことです。

昨日は家族で久しぶりに旅行に出かけたのですが、旅行中に妻と3時間ほど話すことができました。

今までは旅行というと電車で出かけることが多かったのですが、娘が生後三ヶ月なので、昨日は車で旅行に出かけました。そのおかげで妻と車の移動中に話をする時間を作ることができ、来年小学生になる長男の習い事の悩みや職場復帰について、話すことができました。

こういう時間をなかなか持てていないという方は多いのではないでしょうか?

私も以前はそうでした。早く帰宅するようになっても、妻が育児で平日は話すことができませんでした。

ポイントは3つです。

1.子供達は後方席にいるため、妻と二人の空間で話をすることができます。

2.移動が数時間の場合、充分に時間があるため、どちらの話もできる。

3.旅行を一ヶ月に一回スケジュールすれば、妻と話す時間も一ヶ月に一度スケジュールすることができる。

皆さんも車の移動時間を有効に使ってみるのも良いかもしれません。

今日も読んで頂き、ありがとうございました。

かつて朝5時に家を出て、帰宅は0時過ぎ。休日は資格のために勉強、だけど上司からは評価を得ることができなかった空回りの人生を、ファッションを変えることで、外見がカッコよくなるだけでなく、ビジネスで成果を上げることができました。 それだけでなく「自分の好きなこと」をやって、毎日が楽しいと思えるようになりました。 そんな秘密を知りたいと思った方、答えはメルマガで紹介します。登録はコチラ。⇩
メルマガ登録フォーム
お名前
メールアドレス