出張時の服装について(海外編)

紀村昌彦です。

先日、出張で海外に行ってきました。
今回の出張はお客様に同行するもので、
服装をお客様に合わせる必要がありました。
その服装は

「スーツ」



です。
スーツは皆さんお持ちのものですが、
飛行機での移動となると、
疲れやすい上にシワになりやすいので、
できれば避けたいと感じる方も多いのではないでしょうか。

僕の場合、ウールで手触りが柔らかい
お気に入りのスーツを持っています。
しかし、その柔らかさが災いして、
シワがつきやすく、
着た日にアイロンがけをしないとシ
ワを取るのが大変です。

今回はそんな方々に向けて、
おすすめのアイテムと工夫を紹介します。

目次

機内を快適に過ごすアイテム

海外出張となると、
10時間以上飛行機に乗ることも珍しくありません。
長時間のフライトでお気に入りのスーツを着ていると、
どうしてもシワがついてしまいます。
さらに、現地に到着後すぐに打ち合わせがある場合、
シワシワの装いで会議に臨むのは避けたいところです。
特に海外では、服装に対するハードルが高いため、
第一印象を大切にしたいですよね。

そこでおすすめなのが、化繊タイプのスラックスです。
ストレッチが入っていて、機内でもストレスなく履けますし、
シワも入りにくいのが特徴です。
私の場合、気温が高い地域への出張だったため、
移動時にはジャケットを着ずにスラックスだけ
こちらのアイテムを使いました。

おすすめのスラックス

このスラックスは、見た目もきちんとしていて、
機内でも快適に過ごすことができました。

ジャケットの選び方

飛行機の機内は空調が効いていて、
寒く感じることがあります。
そんな時、スーツのジャケットを着るのはやや窮屈ですし、
リラックスしたい移動中には不向きです。
そこで、カーディガンやニットを
代わりに着るのがおすすめです。

おすすめのトップス

これなら暖かさも確保でき、快適に過ごせます。

移動日には、シワになりにくいアイテムを選び、
現地での会議に備えることが重要です。
化繊のスラックスとカーディガンやニットで
移動時間を快適に過ごし、
現地に到着したら、お気に入りのスーツに着替えることで、
気分良く打ち合わせに臨むことができます。

まとめ

出張時の服装選びは、移動の快適さと
現地でのパフォーマンスを両立させることがポイントです。
お気に入りのスーツを守りつつ、
化繊のスラックスやカーディガン・ニットを
上手に取り入れて、
移動も現地での会議も快適に過ごしましょう。
これにより、最高の成果を出すための
環境を整えることができます。

次回の出張が少しでも快適になるよう、参考になれば幸いです。

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次